広島市立 安芸中 同窓会(S40,41年生)のあしあと

このブログは、たまたま集った有志が迷走しながら、安芸中17期(S40,41年生)8クラス合同の同窓会を行うまでの奮闘記で~す。

起立!

ゆるい坂の正門を抜け、すぐ右手側。手前には藤棚があって5月には花が咲いて様な。。
その向こう側、男子手洗いの隣にプレハブがありました。
一階に、職員室があって、隣に部室?か更衣室?があり、一番奥に1組。
その向こうが女子手洗いで、ちょっと離れて体育倉庫があったと思う。

本館とプレハブの間は、垂木で組んだ柱に、青い"波板"の屋根の渡り道で続いてました。

黒いペンキで塗られた階段をカンカンと登ると、サッシ扉の向こうに廊下が伸びてて、
手前から5、4、3、2組と並んでました。

下駄箱はどうなってたかなぁ?

壁や床は、木粉を固めた様な合成板。オイルが抜けるとホコリがあがってました。
3時をすぎると夕方の西日。そりゃ、暑かった。
宙を舞うホコリも黄金に輝き、瞳に眩しかったもんです。

ある日の事、ポカポカ、暖かい日差しの中で、ホームルームの先生のお話しを聞きながら、
うとうと。うとうと。 と、しとりました。

後ろから、何かツンツン突いてきます。ふっと我に変えると、
「号令!号令!」と友達が後ろから、小声で合図を送ってれてます。
教室は静かで、号令を待ってる気配でした。
”うわぁ、いけん”と、日直だった私はそのまま号令をかけました。

「起りーーつ!!」
キョトンとした、ミタカ先生の顔を今でも覚えてます。
「おい、おい、話の途中で終わらす気か?」と苦笑いの先生。
皆んなも、キョトン。
私は、一人だけ立ち上がって、固まってました。
いつも、伸び縮みさせてる先生の差し棒も、止まってました。

その後、教室が笑いでドカン!
o(^O^*=*^O^)o

なんと言うことでしょう。 いとも簡単に悪友に嵌められてました!!!(ノД`)
話が一旦止まり、静かになったタイミングを見計らったイタズラじゃ。
ヽ(´∀`ゞ) (ノ´∀`)ノ

真っ赤になった私は、照れ笑いしながら、おずおずと座りました。
長めの髪を7:3に分けたミタカ先生も、笑ってて、なんら、おとがめはありませんでした。
よかった。(*´Д`)=3ハァ・・・

いまでは笑い話じゃけど、、、  当時も笑い話じゃね。
(*^ー^)v ブイ

みなさんも、日直の時はうとうとしないよう、気をつけましょうね。O(≧∇≦)O

by フク(直通メールです)
スポンサーサイト
[ 2010/11/17 03:58 ] 当時の話 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する