広島市立 安芸中 同窓会(S40,41年生)のあしあと

このブログは、たまたま集った有志が迷走しながら、安芸中17期(S40,41年生)8クラス合同の同窓会を行うまでの奮闘記で~す。

消防団の競技会だったのだ~

ういっーす。福田じゃ(^o^)/

今、福岡行きの新幹線です。
最近、出張が増えて何かとバタバタしてま~す。

さてさて、
こないだの日曜日は、太田川の河川敷で、東区消防団の小型ポンプ操作の競技会でしたぁ~。

この競技は、4人1組でチームを組み、60メートル先の火元に見立てた的を消火放水で倒す競技です。

規律、手順、チームワーク、スピード、などが審査されるんよ。

大きな手順は、

選手は、ポンプの開始線に、整頓し指揮者の指示をピクリともせず待ちます。

指揮者の指示があると一斉に動作開始です。
選手は吸水側と放水側の二手に分かれ、
吸水側の2人は、貯水槽とポンプの間に、吸水用の太いホースを這わせ、放水の準備をします。
放水側の2人は、ポンプから火元に、20mホースを3本次々につなていきます。
つなぎ終わるのを確認し終わると、放水始めの合図で一気に放水、的を倒します。

これを、細かく決められ手順に従って、だいたい1分くらいで行います。

小型ポンプと言っても、フルスロットルで廻すと、ホースの先端(筒先)は、4人掛かりでも抑えきれないほど、威力がでるけんね。
そのため、手順には筒先の支え方を始め、安全確認、水圧など、細かく定めらめ、30ページぐらいの冊子にまとめられとんよ。

それを、練習に練習を重ね身体に叩き込みます。
選手全員が、ピタッと息をそろなくてはいけません。( ̄^ ̄)ゞ
頑張りましたあ~

で、結果なんじゃけど、
毎年、最下位をうろちょろしてた我が隊も、今年はやっと真ん中辺りに上がりましたあ。

そしてそして、そんな中でチームワークを評価する評価点は、なんと区で一位じゃったわ~
\(^o^)/
きゃっほーい。うれしいな~。

大会が終わり、温品に帰って焼肉まあちゃんで、乾杯しましたぁ~。
最高に美味いビールとなったわぁ。
精一杯頑張ったけんね!
なんだかんだ言っても、頑張ったら頑張っただけ美味い酒になるね。
この一瞬があるからまた頑張れるんじゃね。
\(^o^)/\(^o^)/



追伸
今回の大会の最年長者はわしでした。
50歳じゃもんね。
(´Д` )

高齢化のどんどん進む温品分団では、若人を募集中です。
誰がいい人いたら紹介して~

by フク(*^ー^)v ブイ♪
スポンサーサイト
[ 2016/07/13 11:57 ] 地域の話 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する