シリーズ 故郷の問題 ~その2 ~

押忍!福田じゃ。
今日も、だらだらと続けます。d(^_^o)
だはははは。

さて、わしらの親の多くは、戦後の混乱から高度経済成長期の荒波に飲み込まれながら生きてきとるよね。
生活も、文化も、急激に変わった時代だと思う。
長男が跡取りになり親の面倒をみるのが当たり前だったのに、
今は、子どもは家に残らず、みな外にでるのが当たり前になった。
団地の親たちは、自分がしたように、「子どもにも外に出て、自由にはばたいて欲しい」と思ってる。

心のどこかで「一人は家に残ってくれんかな」と思うことがあっても、
「跡を次いでもらう程、たいそうな家でもないし、財産もない。墓だけ面倒見れくれればいい」と言う。

わしも子どもに対し、やっぱり同じ事を言う。
「老後の世話なんか心配せんでもいいけ、自分の好きにやりゃぁいい。」

5~60歳までは、みな、そう言うんよね。
でも、7~80歳になると、本音がこぼれ始めるみたい。。

親父は、幾つになっても男なんで、カッコつけて、やせ我慢してるけど、
母親は、娘(or嫁)に愚痴をこぼし始める。
だから、世話をするのは、愚痴を聞かされた娘(or嫁)の方なんよね。

それに比べて息子はいかん。役に立たたん。
顔見せて、買い物連れてって、飯連れてって、そんな当たり前の事だけして、親孝行したと思っとる。
そんな事は、やって当たり前の事じゃけね。(自分で書いてて、耳が痛いけど。。)

なんだったら、「心配かけん事が親孝行だ」とか言って、何もせんと嘘ぶいとるもんね。(反省しよっと。。。)

そんな事は親の言うことで、子が言うんは、おこがましいよね。。

息子が世話をせんのは、男が家事をせんから、大変さがわからんからかね。じゃけ、定年過ぎて暇ができても、手伝わんのかね。

結局、大変さを知ってる人が、せっせと家事を手伝ってる。
なのに、
親は一所懸命手伝ってる人とは喧嘩して、顔出すだけの息子の方をありがたがったりする。タチが悪いよね。
そんな事ない?

そして、旦那は自分では何もせんくせに、嫁に当たり前のように、親の面倒をみてもらおうとする。あるいは、暗黙で仕向ける。
嫁だって「家の事もせんし、親の面倒も見んし。なんで私が?」と思うわなぁ。普通。。。

だいたい、役割り分担などと言いながら、偉そうにしてるもんが、弱い方になんでも押し付けてばかり。。
強者が、手がいっぱいならば仕方ないけど、怠けてるようにしかみえん。
余力があるなら得手不得手とか、効率がどうとか、講釈たれとらんと、強いもんがやればいいんよ。
それが平等じゃろ。

あららら?
なんか、自分で自分の首しめる様な事ばかり言ってんな。(^_^;)

脱線したけど、何が言いたかったと言うと、親の面倒は子がみんといけん。
もう、みてる人も多いよね。
まだの人も、いつか親の介護が始まる。
そこは、しっかり考えんとね。

どうも、筆が走り過ぎたようなんで、今日はこのへんで。(^_^;)

by フク(*^ー^)v ブイ♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私は、結婚してからずっと同居で、初めはこれでもいい嫁やってたけど、そのうち、ストレスや不満がでてきて、「同居なんかせんかったらよかった」ってなんども後悔しましたよ。近所づきあいや親戚づきあいもめんどくさいなって。。。
あるときから、居直って、いい嫁するのはやめて、嫌なことはイヤと言って、やりたいことは主張して、本音でぶつかったら、気持ちが楽になって、それからは主人の両親と喧嘩もするけど、なんでも言い合えるホントの家族になれた気がします。
そうなると、この地で暮らすんだっていう覚悟ができて、近所の方や親戚の方との繋がりがとても大事に思えてきました。
がんを患った義理の父の葬儀を終えたとき、「途中で投げ出さないで良かった」って、その時ホントの嫁になった気がしました。
年老いた義母にも、何もしていませんが、一緒に暮らしているだけでも安心みたいです。
私は、子供と一緒に暮らしたいとは思わないけど。。。

私の大昔の愛読書。。。「老親を棄てられますか」(門野晴子)

女性の方には、ストレス発散になるかもです。
男性の方、、、怖くて最後まで読めないかも(#^.^#)

No title

れこちゃん、同居ってすごいね。
私は、核家族でさえ、家族の面倒見るのにバテてるのに。
お姑さんたちといると、ホント気苦労が多いよね。
半端じゃ無いよね。
私なんか緊張して頭痛くなるよ。
でも、がんばってされていて素晴らしいと思います。

女性にとって、家族への役割がとても大きいことをしみじみ感じております。主婦と子育てと仕事をしていると自分のしたいことができなくて、イライラします。

私は、今から母たちの面倒をみることになりますが、
母たちは、老人ホームに入れてくれと言います。

母は、介護がどれだけ大変か、知っているからです。身内の事を見てたり、ホームヘルパーの経験があったりして。

老人ホームに行きたいのが、本音ならばと思っていましたが、やっぱり家族がいいですよね。
改めてこの記事で、いろいろ考えさせられました。
ありがとうございます♪

うー。
同居の話しかぁ、これまた、難しい問題じゃね。
どっちにしても、日本の家は、母が支えとるようじゃね。

ワシの母親がよく言うことは、「うちはピンコロでいくけぇ」。ピンコロとは、ピンピン元気に過ごして、突然コロっと逝ってしまうことだそうな。何か聴かされるセガレとしては複雑じゃが、これも有りかななんて思ってます。

(^O^)

そう、どこの親もそう言うね。
「夜寝とる間に、コロっといくけ」って。
全国各地に、ポックリ寺、ポックリ地蔵があるけんね。
親としては、切実な思いなんよね。d(^_^o)
盛会ご挨拶
2011年8月13日(土)
安芸中同窓会が無事開催されました。
皆さんのご協力に感謝いたします。
ありがとうございました。
幹事会宛の連絡
みんなに案内状送ったよ
↓届いてない人はここから送信してね

名 前:
メール:
件 名:
本文:

アクセス数
オンラインカウンタ
今、自分含めて何人見てる?
現在の閲覧者数:
現在時刻
最新記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
天気予報
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
QRコード
QR