おやじの説教と母親の説教

きゃは。福田で~す。\(≧▽≦)/

いきなりじゃけど、父親に怒られるのと母親に怒られるのでは全然違うらしいね。。
うちの子に聞くと、恐いのは、いつも怒ってる母親じゃなくて、やっぱりワシの方らしい。(^_^;)
こんなに優しいのにね。(〃^∇^)

一瞬で沸騰し、ピンポイントで短く爆発するんで、印象に強く残りやすいんじゃろうね。
ワシぐらいで、恐がっとったら外でたら大変じゃと、心配になるが。。。

何が悪い事なのか教えるのが目的なんで、わしは説教に時間をかけない。
あんまりくどくど説教せんし、なんでやったかなんて追求もしない。
ドカンと怒って「これかららどうすんか、考えなさい」で終わり。p(^_^)q

「子どもには子どもの事情があるから、頭ごなし叱らずに、子どもの話を聞いてあげましょう」なんて言われる方もいらっしゃるけど、ワシは聞かん。( *`ω´)
理由も聞かず、頭ごなしに叱る事にしとる。叱ると言うより怒る。かのぅ。。
なにしろ、物分りのいい親が良いと思ってないもんで。。。
友達親子ってなんてのも、どうも理解できんのよ。
子どもの目線にも下がらない。大人は大人。子どもは子どもの目線があるけんね。。。
子どもの目線に合わしても、大人に意見にならん気がするし。

でも、誰かが子どもの意見も聞いてやらんといけんから、うちでは母親か、じいちゃんか、ばあちゃんが聞いてるよ。
「うん、うん」と聞いてくれる人がいないと、フラストレーションが溜まるじゃろうからね。それはわかっとるんよ。(〃^∇^)

さて、親父の説教は短いが、それに対して母親の説教は長い。とにかく長い。
あれはどうしてあんなに長いんかねぇ?(^-^)/
何が論点なのか、言ってる方も、言われてる方も判らなくなるくらい長かったりするじゃろ
怒りが、怒り生んで止まんなくなっとんじゃろうねぇ。(*^~^*)ゝ
子どもは良く判ってるようで、そうなると話半分に聞いてるみたいじゃね。
母親はイライラして、見ているわしはソワソワする。(>_<)

「勉強しなさい。自分のためでしょ」から「テレビ見過ぎ!」の話になって、
「部屋を片付けない」「手伝いをしない」の話にどんどん移ってく。
そして、「私はあんたらのお手伝いさんじゃないんじゃけぇね」がでる。

うひゃ~。こりゃ、子どもに怒ってるふりして、遠回しにワシに言っとるで。

いかん、いかん。今日はこのへんで、退散しょ~。(^_−)−☆

by フク(*^ー^)v ブイ♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

確かに、子供が生まれてから、夫婦喧嘩が絶えませんでした。
育児に対する意見が違うし、
子供と過ごす時間が私の方が多いので、
面倒みる時間が圧倒的に多いぶん、あれこれ自分の意見があります。

確かに父親である夫は頭ごなしにガツンと(言葉で)やりますね。
子供の意見や子供の目線でなんて考えてないみたい。

私は、逆に子供のことをしっかりと受け止めてあげたいから、
「ドロシー・ロー・ノルド」の本なんか読んだりして、
心の内を話しやすいように心がけています。

例えば、子供が学校に行くのをぐずると、父親はとにかく、「行け!」と怒って泣かせて
自分は仕事に行ってしまう。
あとはよろしくだって・・・抱きしめるのは私。

始めは、私はそんな教育態度に怒ってたけど、
世の中甘っちょろいものではない。
不本意に嫌な目に遭ったり、すさまじく怒られたり、その現場を見たり。厳しい状況も知っていた方がいいのかもしれない。
だから、最近は私は夫の言動について何も言わない。

でも、私は私のやり方で子供に接していきます。
人をいかに愛していくかを教えてやりたい・・・。

ちなみに、私は仕事も子供相手なので、他人の子も同じように可愛がっているんですよ。

そうやって毎日大量の愛を与えているので、時々愛が枯渇する私でしたー
(^-^)♪ヘルプ ミー
(長くなってごめんなさい。)

うちの嫁も子供に対して細かいことでガミガミ怒ってます。ワシから見たら「別にエエじゃん」てな事もガミガミ怒ってます。本音を言えば止めさせたいんですが、今度は夫婦中がささくれるんで黙って見てます。
ただ、あまりにも容赦出来んことをやらかしたときは怒ります。賛否両論はあるでしょうが、ひっぱたきます。今まで数えるほどしか無いですが。ワシの子供への関わり方として絶対に守っているのは、「自分の都合で子供に当たらない」です。よく買い物とか行くと見かける親がが子供を怒鳴り散らしてるところ。内容をよく聞いてみると大抵、親側の都合が良くなくてイラついてるのよ。幼児虐待なんてのは、この極めつけですよ。
子供に対してイラっと来たら「これって自分の都合?」と考えてみる。ほとんどの場合そうなのよ。
日頃、外に出ていて子供とはあまり顔を会わすわけでもない輩が偉そうなことを書きましたが、幼児虐待のニュースを見るたびに、なんで気付かないのかなと悲しい気持ちになるんよ。

No title

女性にとって子育ては過酷です。
子供というものは絶対に思いどうりにはなりません。
言う事は100%きかないっていっていいでしょう。
「こっちへおいで」といえば、あっちへいきます。
特に男の子は。
「ちょっと、待ってて」といっても1秒も待ってくれません。
自分の時間は全然ありません。

そんな中で、母親はガミガミ言って自分の心のうちを少しずつ
開放するか、
大きな器になって子供を包み込むすごい成長をするか、
幼児虐待をするか。
はたまた、自分が気が変になるか。
その4つではないでしょうか。

場合によっては、誰だって大変な状況に陥ります。
幼児虐待をするのは、子供の特性を理解できず、
育てる意味を知っていないからです。
核家族が危ないですね。

(^-^)/

ゆうぴーさん、
そうかぁ、ストレスの耐性付けるため、カミナリやガミガミは必要なんかもしれんね。
夫婦で役割分担もありだし、一人二役もありだし、子育てに正解はないから、喧嘩しながら親も成長するんじゃろうね。

MomoYaさん。
そうそう、ウチも大概の事は、カミさんのガミガミにお任せ。
わしが割り込むのは、理由に関係なく守らんといけん事やカミさんから相談のあった時にバトンタッチするぐらいかなあ。

人に迷惑かけない。親切にする。約束は守る。影で人を馬鹿しない。先生や親を敬う。とか、
あと、負の感情を廻りに撒き散らさない。
こんな事ができなかったら、いきなりドカンじゃね。
「ならぬ事はならぬものです」なのよね。

あと、カミさんと子どもが喧嘩してる最中に、子どもが勢い余って、言い方誤った時は、その場で中断させて、「母親にそんな口のきき方あるか!」と大噴火してしまうね(^_^;)。

ミナミさん。
虐待したり、気が変になるのは、子育てが苦痛でしかたないほんの一握りの人だろうから、ほとんどのおかあさんが、ママゴンと優しいかあちゃんを、
行ったり来たり、なんじゃろね。
偉大な母に感謝(⌒▽⌒)

No title

負の感情を周りに撒き散らさないって深いですよね。
子供がだだをこねて仕方ない時はあります。
でも、子供の負の感情を有無をいわさず押さえこませると、
とんでもないことになるかもしれません。
負の感情は本人にとっても悲しいことなんですから。
子供の心を理解してやり、浄化して手当てをしてあげないと。

「!」さん。
そうですね。みんなの前で、だだをこねるような小さな子どもなら、そうするじゃろね。(^∇^)
例えば、朝から挨拶もせずブスッとして、みんなを不快にさせる息子をみると、「どんな理由かしらんが自分の感情で人を不快にする人にはなるな。」って、説教ですね。そう言えば、わしも親父に言われてたなぁ。。(^_^;)
なんでブスッとしとるかは、カミさんがしっかり聞いてあげとるみたいよ。
逆に、つらいのにそんなそぶりもみせず、明るく振る舞ってみんなを引っ張る姿を見るとしっかり誉めるよ。

No title

わたしもフクちゃんと同じタイプ(^_^;)

子供の目線よりも 大人として 親として子供と向き合うかな?
自分が経験してきたことや 両親がしてくれたことを伝えていく・・・
子供の気持ちは、当時の自分を振り返って考えます。
世代が変わっても、自分が歩んで来た道と変わりないと思うから・・・

叱る時、 アドバイスをする時は、向き合って ちゃんと目を見て
が鉄則かな。
そうじゃなきゃ ただの愚痴。
だと思うの



そりゃーフクちゃん、女性ですもん
「喜怒哀楽」は ハッキリしてますよ~~!(^^)!
子供を授かり、子供の成長と共に
女性も成長して大きくなるの・・・いろんなことが・・ (笑)
わたしは 子供の前でも 「喜怒哀楽」 ありのままの自分を見せちゃいます。
大人だっていろいろあるんだよ
って。。。


親は子供を育てる・・・
実は・・・子供に成長させて貰ってるのよね (*^^)v

(⌒▽⌒)

目を見て話す。
まったく、賛成!(^-^)/
子どもが小さな時から、怒る時には正座で正面向き合ってやってたんよ。
こっちも姿勢を改めるんで気持ちが、真剣さが伝わるみたいね。
最近は、そこまで怒る事はほぼ無くっなたけどね。(^∇^)

そうそう。子どものおかげで、大人になったと思うわあ。
盛会ご挨拶
2011年8月13日(土)
安芸中同窓会が無事開催されました。
皆さんのご協力に感謝いたします。
ありがとうございました。
幹事会宛の連絡
みんなに案内状送ったよ
↓届いてない人はここから送信してね

名 前:
メール:
件 名:
本文:

アクセス数
オンラインカウンタ
今、自分含めて何人見てる?
現在の閲覧者数:
現在時刻
最新記事
最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
天気予報
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
QRコード
QR