忘れかけの童話  ーその1ー

はーい!福田どえ~す。(^_−)−☆

この前の土曜日。雪は降るし、肩は痛いし、で、大掃除はやめて、子どもが借りて来てた、映画「スノーホワイト」のDVDを見たんじゃけどね。
これは、グリム童話の「白雪姫」を原作に映画化してる「本当は××な童話」系の映画だったんだけど。
げに、「心臓喰わせろ」じゃの、「若い娘を生贄に連れて来い」じゃの、とドロドロしとったわ。

わしは、絵本にも触れる事ないんで、「白雪姫」はストーリーもうろ覚えじゃし、ウォルト・ネズミーの魔女のイメージが強くて。。
しかし、あのおババ、一体どんな風に王様をだまくらかして后になれたんかねぇ?

「世界で一番美しのはだあれ?」
「それは白雪姫です」
でものぅ、白雪姫がおらんようになっても、あのおババじゃ、一番にはなれんじゃろぅ~。

魔法の鏡の好みじゃけ、しょうがないんかもしれんけど、それにしてもねえ。

でも逆に、鏡が「あなたは、1億8645万0542番に美しいです」なんて言ってたら、リンゴを集めだけで大変だわなぁ。
毒で煮詰めるのに工場がいるわぁ (^▽^)。


シンデレラ、桃太郎、浦島太郎、一寸法師とか、なんとかあらすじは言えるけど、
人魚姫、ヘンゼルとグレーテル、小太りじいさん、いや、こぶ取りじいさん、カチカチ山とだんだん怪しくなる。
鉢担ぎ姫、金太郎、親指姫に至っては、話の筋もようわからん。

アンデルセンの「みにくいアヒルの子」は、
見てくれが悪いだけで仲間外れにされたアヒルが、白鳥になって見返してやったぜ。の話しだと思ってた。
つまりは、きれいなもんが最後は勝つのよ。的な話しじゃと思ってた。

実は、少しばかり違ってたようで、、、
アヒルの子は、それから親からも見離されて、里を離れる。
それから疲れて果て、たどり着いた家で、おばあさんと鶏と猫と住むんじゃね。でも、玉子も産めんし、おばあさんを癒やすこともできないアヒルは、役に立てず居場所がなくなり、家を出て行っちゃう。。
それから冬になって死にかけたのを、やさしいお百姓さんに助けられるんじゃと。
その家の子どもたちも、遊ぼうと近づいてきたんじゃけど、友達と仲良く遊ん事もないアヒルは、それを信じる事もできず、怖がって、怯え、逃げ回る。そして、家中をぐちゃぐちゃにしてしまい、結局、追われる様に逃げだすんよ。

みんなと違う容姿のせいで仲間外れにされるし、人の役に立つことも出来ないし、人から優しくされても仇で返してまうアヒルは、本当に自分はダメだと思い、生きる気力もなくすんよ。
でも春がきて、白鳥に成長したアヒルは、白鳥の仲間に向え入れられ、やっと生きる希望をみつけたんよ。

人は、白鳥には変わらないけど、あきらめず変われば、きっと幸せになれるって話しなんじゃね。
なんだか、胸に感じる話なんじゃね。知らんかったわぁ。

しかし、アヒルと白鳥が逆でなくてよかったね。
白鳥の中にまぎれ混んだアヒルは、偉そうな白鳥たちに仲間外れにされました。
やがて季節が変わり、成長すると仲間のアヒルとガーガー言ってました。
になってしまう。
なんだか、ハイソの傲慢を皮肉った、コメディーに、なりそうじゃない?(笑)

by フク(*^ー^)v ブイ♪
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

自称 童話作家

童話 絵本は幼い子供には 自動車学校に似たようなところのある よき人生の道徳心を育む教則本みたいなところがありますよね。
あとは応用して解釈してください・・みたいな。
人生も然りなんですね。

僕は今でも心に残ってるのは「泣いた赤鬼」です。 
これはスゴク大好きで 幼稚園の先生に何度も絵本を 「読んで 読んで~」とおねだりした覚えがあります
今読んでも泣けます(グスン)

実写版で映画化されないかな~
青鬼が男の美学って感じで カッコイイだな。

NoTitle

フクちゃんは物語につっこみを入れるのが上手ですねぇ。
笑ってしまいました。
最近、日本の昔話をリメイクしたものが出回っているようで、映画と間逆ですが、残酷な所を省き、みんな仲良く、めでたしめでたしで終わるものがあるそうです。

知人はやはり、本物を伝えんといけんよね。
と言っています。

(^-^)/

日曜有閑マダムさん。
 うんうん。わかる。
大いに泣こう。
感情の変化で泣けるのは、人間と鬼の特権じゃけもんね。


ゆうぴーさん。
お誉めの言葉、ありがとぅね(#^.^#)
へー、リメイクなんてあんのか。
知らんかったわ。
どんなんかは知らんけど、
言う通りな気がするね。
あんまり、綺麗ばっかりで、ハッピー、ハッピーてのも、問題あるよね。

追記

私も気になったので追記させてください。

『かちかち山』っていうお話。
本来は、「悪ダヌキはお婆さんを殺して、皮を剥いで、ばばあ汁を作ってお爺さんに食べさせた。」というところを、
残酷だからとリメイクして、「悪ダヌキはお婆さんをいじめて、寝込ませた」と言う程度に変えて、最後には、タヌキは反省して、お爺さんとお婆さん、こらしめ役のうさぎとタヌキみんな仲良く暮らしたとさ。
としているのです。
このように、本によってあらすじが変えられているから、是非本物をお読みください。本当に言いたい事が書いてあるから。
と、知人である「読み聞かせボランティア」のリーダーは力説しています。

(>_<)

あれま、残酷ねぇ。
グリムの残酷映画も大人向けだからねぇ。

カチカチ山も元々、子ども用じゃなく、大人のもんで、
本当に言いたいも何も、単なる娯楽話しじゃったんかもしれんしね。

元々のテーマ自体が、暴力での報酬だからねぇ。聞かせた後、どう解説するのかなぁ。

だいたいが背中を丸やけど さしたり、おぼれ殺したりの、相当残忍な話でしょ。
うさぎがやった事の自体の説明が難しい。正当化できんわなぁ。

暴力には暴力。の話しなんで、いくら丸めても、子どもに適切な話しになってない気がするねぇ。

童話好きっ子でした~♪

子供の頃 人魚姫のラストが どうしても納得できなかったけど
母親になってから 娘に人魚姫を読んであげてる時、
ああ、こんな無償の愛 もあるんかな~ って
ちょっぴり共感できたことを 覚えてます。
自分が同じ事、出来るかどうかは別ですけど~。

そんな娘がまだ小学校低学年の頃、私も 童話を書いてるんですよ。
お庭の花を題材にしたお話です。
(ほぼ、パクリっちゃーパクリなんですけど、笑)
トラックバックしようとしたけれど うまくいかないので
URLのせますね。
よかったら ごらんくださいませ~♪
http://yaplog.jp/megumiko11/archive/356

これはどうですか?

そうですね。残酷なものより、この話はどうですか?
『幸せの王子』

銅像である自分に付いているあらゆる装飾品を、貧しい人に分け与えて、崩れ落ちてしまう。
そして王子は神様に召され、天国で本当の幸せの王子になる。
そんなお話。涙もんです。

問題は・・・

「みにくいアヒルの子」のは、
変化でもなく成長でもなく、
   『どこにいたか』
が問題なんだと思います。
もし、その主人公のアヒルが初めから白鳥の親のもとにいたらどうでしょう?
きれいでなくたって、役に立たなくっても何の問題もないでしょう?

なので・・・
なんか今の自分がすっきりしないなあと思ったら、
居場所が違うのかも。
あなたにぴったり合う、その居場所を探しましょう。
本当に喜びを感じる場所に行きましょう。あるいはそういう日々を作りましょう。
『それには、まず本当の自分を知る必要があるのです。』
本当は白鳥なのに、気づけないところが問題なんです。
そうなんじゃないかと・・・思うんです。

NoTitle

恵子さん。
人魚姫の話は、ラストを憶えてなかったんで、ググってみたら、、、
とっても悲しい話しなんじゃね。
あまりに悲しい過ぎて、わしは読み返してなかったんだろうな、と思う。

ネギぼうずの話し、読んだよ~。
とっても、やさしい温かいお話しですね。
(#^.^#)

愛さん。
幸せの王子も、無償の愛の話しじゃね。
尊い愛に涙するね。

ミナミさん。
そっかぁ、色んな解釈ができるね~。
絵本を読んだ、子ども達も色々感じ、色々思うんじゃろうね。
うん。
「わたしは、白鳥の子がいてら、仲良くなる」って子どもが増えたらいいね。っ思ったよ。
盛会ご挨拶
2011年8月13日(土)
安芸中同窓会が無事開催されました。
皆さんのご協力に感謝いたします。
ありがとうございました。
幹事会宛の連絡
みんなに案内状送ったよ
↓届いてない人はここから送信してね

名 前:
メール:
件 名:
本文:

アクセス数
オンラインカウンタ
今、自分含めて何人見てる?
現在の閲覧者数:
現在時刻
最新記事
最新コメント
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
天気予報
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
QRコード
QR