一歩、一歩

昨晩、茨城に住む知人と連絡がつきました。
被害は大きくない所ですが、やっとライフラインが繋がった
と言ってました。

地方では、車主体の生活なので、ガソリンが切れるのを心配してましたが、
「なんとか頑張る」と言ってました。

------
現地から戻って来た、東北出身の芸人が
「現場で、一番求めているのは安否報道だ」と言ってます。
被災者は取るものも取らず、家族を探しまわっているのでしょう。
だれでもそうすると思います。容易に想像できる事です。

テレビ各局は争う様に、悲惨さを報道してました。
最近やっと少なくなって来ましたが、まるでスクープ報道のような局もありました。

一番必要としている人に、
もっとも有益な情報を報道して欲しいものです。
安否情報もそうですし、それ以外もそうです。

人のあげ足とりや、非難する番組は見たいと思いません。

どこかの知事が、
津波を「これはやっぱり天罰だと思う」
と言ったそうです。
ここだけ切り取って聞いたらダメでしょうし、きっと本意は別なんでしょう。
でも今は、こんな言葉を聞きたくありません。

------
貧困な離れ小島で、コツコツと農耕を主にしてきた民族なので、
惨事が起きると助け合いながら、じっと我慢できるのでしょうか。
すごい事だと思います。

私も、この助け合いの中で何が出来るかを考えますが、
情けない事に、実行できる事が見つかっていません。

先の茨城の知人に物を送る事すらできないのです。
(配送業も止まってしまいました)

私は、その人に
「何か出来る事があれば言って」
と言うしか出来ませんでした。。。

一歩づつ、一歩づつ、できることを探してみます。
by フク
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

盛会ご挨拶
2011年8月13日(土)
安芸中同窓会が無事開催されました。
皆さんのご協力に感謝いたします。
ありがとうございました。
幹事会宛の連絡
みんなに案内状送ったよ
↓届いてない人はここから送信してね

名 前:
メール:
件 名:
本文:

アクセス数
オンラインカウンタ
今、自分含めて何人見てる?
現在の閲覧者数:
現在時刻
最新記事
最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
天気予報
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
QRコード
QR