広島市立 安芸中 同窓会(S40,41年生)のあしあと

このブログは、たまたま集った有志が迷走しながら、安芸中17期(S40,41年生)8クラス合同の同窓会を行うまでの奮闘記で~す。

カープのミカタ その6

1月も残りあとわずかですね。
そうすると、いよいよ2月になります。(あたりまえか。)

楽しみは何でしょう。そうです。カープのキャンプイン!です。

先日、新外国人の入団記者会見がありました。
詳細は、こちら→ カープ新外国人の記者会見

そこで、新外国人の評価をしてみたいと思います。
バリントン投手  評価   ★★★☆☆(長身は買い)
サファテ投手   評価   ★★☆☆☆(う~ん。)
トレーシー選手  評価   ★★★★☆(昔カープにいたラロッカみたい)

こんな所かな・・・

「プレーも見ないうちから、何が評価だよ!」
ってお叱りを受けそうですが、違うんです。そこのあなた!
オイラが着目しているのは、ユニフォームの着こなし なんです。

プロ野球に入るくらいだから、技術・精神力はみんな同じくらいあるんですよ。
問題は、そこから発せられるオーラなんです。

ユニフォームの着こなしが良いと「おぉ!良く似合ってるよね。」っと目を引きますよね。
例えば、ユニフォームのズボンの裾の位置とその選手の身体のバランスだとか、
ユニフォームの上着の袖が選手の腕のどの辺りにあるか。とかね。

着こなしは「センス」なんです。「センス」は練習をして身につくものではないんです。
本人の持つオーラなんですね。(バランス感覚とも言います。)
「こいつなんか変。」とか「こいつええじゃん。」とかね。
具体的に言うと、栗原選手はだめだな。ユニフォームが「ダボッ」と大きすぎる。
天谷選手なんかは良いよね。すごくバランスが綺麗。
(何にしても、首からぶら下がっている飾りは質素にしてほしいものですね。)

「個人的な感想じゃん。」と言われればごもっともですが・・・
ユニフォームの着こなしが良い選手は活躍する率が高いのです。
幼い頃から野球をやってて、様々なプレーヤーを見てきた経験からの意見です。

少年野球に携わっている、そこのアナタ。
「まずは型から入る」的な野球のミカタをしてみるのも楽しいんじゃないですか。
プレーも見ないうちから「ありゃええ選手でぇ」と言っておきましょう。
周りもアナタの意見に注目ですよ!

いずれにせよ、新外国人にも大活躍を期待したいものです。


by コージ監督(直通メールです。ご意見・苦情・問い合わせ等をどうぞ)

スポンサーサイト
[ 2011/01/27 12:09 ] 野球全般 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する